月別: 2015年12月

外国人技能実習生 協同組合の外国人技能実習生受入事業

日本にはたくさんの外国人が住んでいるし、観光でくる外国人も多いですよね。
京都なんで外国人が多すぎて、ホテルが足りないらしく、先日旦那が出張で京都に行ってきましたが、ホテル探しに苦労したそうですよ。
東京にはたくさんの中国人が爆買いにやってくるし、どこに行っても外国人を見かけない事はありません。
近所には国際結婚しているカップルも多いので、ハーフのお子さんもたくさんいます。

色々な理由で日本に来る外国人は多いですが、日本の技術や技能、知識を得るために日本にやってくる外国人もいます。
外国人技能実習生 協同組合では外国人技能実習生受入事業を行っていています。
外国人技能実習生受入制度というものがあり、日本の企業で技術や技能・知識を習得するために外国人を受け入れ、実習によって得た技術を母国へ移転を図るといった国際貢献を目的とした法務省入国管理局が実施している制度になります。
日本にこんな制度があるなんて知っていましたか?
実習は最長3年で、その間に技術を身に付けて母国に帰ることになります。
技能実習生を受け入れることによって企業による国際貢献、国債ビジネスへの展開などメリットがあります。

Categories: その他